ハスキー犬大好きな30代。北京語を中心に、少しずつ勉強しています。突然の妊娠で生活が一変!


by hachi71
寝ない子を持ってしまったhachi、常に両手がふさがっているか、添い寝しているかで
全く自分のことができない上に、
抱っこして歩きながらゆらゆらしながら、を続けていると、小hachiの体重増加とともに
腕が限界になってしまいました。

そこで、スリングを手に入れてみたところ、意外と快適♪
小hachiも、私がじかに手で抱っこしているより早く眠りに落ちてくれるように
なりました。

とはいえ・・・
スリングは前抱っこの道具だし、しかも前で横になっている子供をぶらさげているので
やっぱりできることには限界が・・・

でも、人間、頭をもっと使うべきなんでしょうね^^
hachi夫からは、オーディオブックのデータをもらって時々聞いています。

****

そんなこんなで少し余裕ができてきたのですが
実はほかにやりたいことができてしまったんです。

それは・・・ファイナンシャルプランナーの勉強です。

根性なしなので先に宣言することがあまりできないタイプなのですが
そんなことを言っているとへたれのままなので、
今回あえて記事にしました。

やっぱり、1年近く仕事ができなくなって
お金を稼ぐことも大切だけど、
お金をうまく使うことや世の中の仕組みを知って
うまく残していくことも大切なんじゃないかと思うようになりました。

今のところ、3級の勉強だけなんですが。それでも知らないこと、
たくさんあってなかなか面白いです。

勉強といっても小hachiに振り回されている毎日、
小hachiをスリングに入れて寝かしつけたら、
過去問の問題集を広げて、問題を読んですぐ答えを見るという
ぱらぱらめくる程度の勉強しかしてないのですが・・・

なので、ますます中国語から遠ざかってしまっていました。

これではいかーん!!

ということで、これからは、
ファイナンシャルプランナーの勉強と、
中国語の勉強を何とか、時間を見つけてやっていきたいと思います!
[PR]
# by hachi71 | 2010-03-27 15:55 | つれづれ
すごく久しぶりのエントリにも関わらず、すぐにコメントをいただいたりして
とてもうれしかったです。
これからちゃんと(?)更新をしていこうと思います。
ありがとうございました。。。

さて、私はこの3カ月ほど、自分のブログにも一切ログインせず、
お友達のところにお邪魔することもできませんでした・・・

その理由は、みっつ。
今回はそのうちふたつを。

ひとつは、小hachi。
とにかく、昼、寝ない

抱っこして、揺らしながら、歩きながら、軽く叩きながらで、数十分。ようやく眠ったところで
ベッドや布団に下ろすと、ギャン泣きです。

うでは筋肉痛、長時間、頻回授乳で肩はガチガチ、夜中は2時間、3時間おきの授乳とお世話。
しかも昼寝ない、泣くから抱っこ・・・

一時期はトイレすら我慢してました。
なんて要領の悪い私。

産む前、こう思ってました。どんなに大変ってったって、赤子は寝るもんだ。
眠ったら1時間でも2時間でも勉強できるはず。

とんでもないです。

寝ない子を持ったら本当に何一つできません(涙)

今から思えば工夫のしようはいっぱいあったと思いますが・・・


そしてふたつめは・・・

正直にいいます。
勉強しているみなさんのブログを見るのがつらかった。
何もできない、要領の悪い自分と、
がんばっておられる皆様を比較して、落ち込むのが嫌だったんです。

なかなか負けず嫌いなのですが後ろ向きなやつですみません~。

だけど、小hachiも無事100日を迎え、
いつまでもこのままじゃいかーん、と思い始めました。
現実を見て、今からでもできることをやらないと!!

そんなところに、私の中国語の師匠shrimpさまから
直々に安否を尋ねるご連絡をいただきました。
そして、これも不思議なことなんですが、
私が初めて中国語を習った、上智大学のコミュニティカレッジの先生が
もう何年もたつのに私の携帯を覚えていて、
「どうしていますか、中国語がんばってますか」
とお電話くださったんです。

いいかげん現実をみて自分なりにスタートを切れよというメッセージとして
受け取ることができました。

なのでまずはブログから始動しました^^

今でも小hachiが昼間寝てくれないので、抱っこ時間が長く
要領が悪いので家事もほとんどボロボロですが、
小hachiの首がすわったので、片手で抱っこしながらご飯したり
家事したりという芸当もできるようになってきました。

そんなこんなで、これからどういう風に勉強していくかは
まだまだ考えなきゃいけないけれど、
中国語の勉強をすることは、小hachiに中国語を触れさせることでもあるので
子育てとも両立することかな?

少しずつみなさまのブログにもお邪魔しますので、よろしくお願いします!!
[PR]
# by hachi71 | 2010-03-22 23:31 | 北京語

ごぶさたしております

ずいぶんエントリに時間がかかってしまいました・・・

shrimpさまに起こされて目が覚め始めたhachiです。

いや・・・中国語のことでなかなか書けるネタのない生活をしてまして。

小hachiは無事に100日を迎え、お食い初めと、スタジオ・アリスでの
記念撮影を済ませました。

スタジオ・アリスでは、いきなりたかれるフラッシュにびっくりして
号泣の小hachi。
意外と怖がりらしい・・・

慣れない子育てにあわただしくしながらも、不思議と子供とべったりの生活が
苦痛にならず楽しかったりします。
これまでのhachiの生活からは考えられません。

ぼちぼち更新していきます!
最近はおもちゃをつかめるようになりましたが、
口に入るものと入らないものの区別がつかないらしく
無理やりボールを口に入れようとしてます。。。

d0148916_721319.jpg

[PR]
# by hachi71 | 2010-03-22 07:22 | 子育て
めまいもだいぶましになりました。なんかこんなとぎれとぎれで、書きたいときに書けずすみません。今度は腱鞘炎(涙)。情けないです。
ママブログなんかをのぞいたりしても、同じ時期に出産したもっと若いママさんが、親の助けなしに、子育てし、布オムツを自分で洗い、ブログもしっかり更新しているのを見ると、親がかりでブログすらなかなか更新できないし、子育てもあわあわしてるし、われながら情けないです。

さて出産レポの続き。

私、陣痛を誤解しておりました。
① 私は子供の頃から、入院・手術の経験があり、いつも泣かずに耐えたので、医者や看護師さんからほめられていた。だから、痛みには強いはず。
② 陣痛は、多くの母親たちが耐えて出産しているのだから、私にだって耐えられないはずはない。
③ 陣痛は10分間隔から始まるはず。

入院し、消灯時刻が過ぎても少し音を小さくしてお笑いなんぞを見て、「さあ、明日に備えるぞ」と電気を消してほどない頃。

突然、お腹から腰にかけて、まどろむこともできないような痛みが始まりました。
1分程度で収まったのでまた眠ろうとすると、またまた同じ痛みが。念のために時間を計ってみるとなんときっちり5分。

慌ててナースコールし、「何だかお腹が痛いんですけど・・・」と訴えて、NST(お腹の張りや胎児の心拍などを測る機械)をつけてもらうと、「ああ、陣痛ですね」と判明。
この時点で私の認識③は誤解だと判明。確かに、痛い時間が短くてすむというのはいいのですが、いきなりの5分間隔とは、心の準備が・・・
しかもかなり痛い。腰痛から始まってだんだん骨盤に響くような痛みになっていきます。

hachi「相当痛いんですけど・・・あとどのくらいがまんしたらいいんですか」
看護師さん「何言ってるの。これからが痛いのよ。こんなもんじゃないから」

愕然とするhachi。すでにもう逃げ出したい気持ち満々。なのに、NSTのお腹の張り(陣痛の強さ)を示す表示は、たいした波形を描かないのです。しかもまだまだこれからって・・・(涙)。
そして予想もしていなかったのが吐き気です。
友人から、お産は体力勝負だから陣痛の合間におにぎりやパンを食べた、と聞いていたものの、何か口にするとすべて吐き戻してしまいそうな勢い。

hachi「無痛分娩にしてもらえませんか・・・」
看護師さん「無痛できる先生が明日朝には来るから、それから処置してもらいましょう。これから長丁場だから、5分の合間でも眠るようにしてください」

さらに愕然とするhachi。あと9時間近くこのままなのか・・・(涙)。
しかも痛くて眠るのなんて無理!!

そして、2時間ほど、看護師さんのアドバイスどおり長く息を吐きながら痛みに耐え、口がからからになってきた頃、痛みは3分間隔に縮まっていました。
もう痛くて痛くて合間に寝るどころじゃありません。次の3分が来るのが怖くて、半泣き状態に。

ふたたびナースコールです。
hachi「3分間隔に縮まりました。痛いです。何とかなりませんか」
看護師さん「まだ子宮口も3センチくらいね。朝先生が来るのを待ちましょう。NSTではそんなに大きな陣痛の表示にはならないんだけどね・・・」
hachi「骨盤割れそうなんですけど・・・」

①も誤解でした。私はどうやら、痛みに強いほうどころか、相当弱いほうだったことを悟りました。
そうだ、入院・手術をしていたのは小学校低学年くらいまでで、その後は健康優良児候補に選ばれたくらい、長年痛い目には遭ってなかったことをようやく思い出しました。

痛いと絶叫できれば楽だったのか、今からはもう検証しようもないのですが、痛みに耐えながら、自分がそれほど若い妊婦ではないこと、入院していたのですべてのスタッフの方々に顔が割れていることなどから、大騒ぎはできないと声も出さず必死で痛みに耐えていました。

おりしも12月、日が一番短い時期。空が明るくなってくれるのをどれだけ待ったことでしょう(涙)。
かろうじて口にした朝食のパンすら吐き戻し、私はひたすら、無痛分娩の麻酔処置をしてくれる先生を待ち続けました。

(続く)。
[PR]
# by hachi71 | 2009-12-28 18:46 | 子育て

続きを書きたいのですが

出産レポの続きを書きたいのですが…

実はこの数日、めまいがひどくなり、調べてもらったら、折り紙つきの低血圧の私が、なんと高血圧になっておりました(ToT)
一大イベントの後いきなりテンションそのままに子育てに入り、さすがに疲れが出たようです。

なのでパソコン触ってると義父母からチェックが入るため、今もこっそり携帯から投稿。

大したことはないのでまたこっそり続きを書きますね(((^^;)
[PR]
# by hachi71 | 2009-12-24 06:01 | つれづれ